今、新築マンションを買う理由。

買い時ポイント

ローンを組んで家を買うと、
税金が戻ってくる「住宅ローン控除」。

給与所得者の場合、住宅ローンを組むと、一定の条件を満たせば、年間で支払った所得税が、
年末ローン残高の1%を上限に、10年間、年末調整で還付されます。
仮に、所得税の額が、ローン残高の1%に満たない場合は、足りなかった部分を、
翌年度の住民税から、年間最大136,500円の控除を受けることができます。

今なら、入居後10年間通算最大400万円の税金の控除を受けることができます。

住宅ローンを受ける為には様々な適用条件があります。掲載した主な条件は、適用条件の抜粋となります。適用条件についてはお客様ごとに、事前の確認が必要です。

詳細については、税務署でのご相談や、国税庁のホームページの「住宅借入金等特別控除」をご確認下さい。詳しくは係員までお問合せ下さい。

主な適用条件

  • 取得する不動産は自己の居住用である。
  • 金融機関等の住宅ローンで、借入期間が10年以上であること。
  • 物件の引き渡し後6カ月以内に入居すること。
  • 各年12月31日まで引き続き居住していること。
  • 控除年の合計所得金額が3,000万以下であること。
  • 買換えの方は、居住年の前後2年間(合計5年間)に、前の自宅の売却について「3,000万円特別控除」や「居住用財産の買替え特例」等の適用をうけていないこと。

5タイプモデルルーム公開中

資料請求する 来場予約する