HOME > アルバックスクオリティ > 街づくり・再開発

街づくり・再開発

街づくりの一画に形成されるマンションには、多くのメリットがあります。商業施設や整備された歩道、公園・街路樹などの理想的な景観デザインは、 住環境の良さを期待できます。地域の活性化・新しい街づくりにも取り組んでいます。

  • アルバックス広小路 
    アルバックス広小路 戸数:58戸 構造:地上14階建 竣工:2004年2月 事業主・売主:アイシン開発株式会社

    豊橋広小路三丁目B地区・優良建築物等整備事業の第一号プロジェクトとして、豊橋駅・徒歩9分の都市フロントに誕生しました。新しく変貌する豊橋の暮らしの新基準となる新機軸にあふれています。また、「アルバックス(ALBAX)」ブランドの第1号物件です。

  • アルバックス幸田相見ステーションフロント
    アルバックス幸田相見ステーションフロント 戸数: 63戸 構造:地上14階建 竣工:2013年11月 事業主体・売主:株式会社エイディーノウビ 総合企画:アイシン開発株式会社

    幸田相見特定土地区画整理事業の中心となる、JR東海道本線新駅「相見」駅に、先進性に富んだ邸宅が誕生しました。 利便性と自然のある街並、そんな理想的な幸田町は、この「新しい中心地」からはじまります。

  • アルバックスタワー刈谷駅前
    アルバックスタワー刈谷駅前 戸数:129戸 構造:地上23階建 竣工:2016年5月下旬(予定)事業主体・売主:アイシン開発 共同事業出資会社:太田商事

    アイシン開発株式会社と太田商事株式会社の2社で構成するJR・名鉄三河線「刈谷」駅から徒歩1分の23階免震タワー。商業機能やオフィス機能のあるフロアも併設しています。

※掲載の完成予想図は図面を基に描き起こしたもので実際とは異なります。