HOME > 住まいのしおり > アフターサービス基準・定期点検
アフターサービス基準・定期点検 アフターサービス基準・定期点検
アフターサービス基準摘要上の留意事項
1.
共用施設(管理員室・ゴミ置場・自転車置場・宅配ボックス・トランクルーム等)に関する 売主のアフターサービス期間は2年とします。又、これらの施設が複数の部位・部材から構成されている場合(例:管理員室は構造耐力上主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分、外部仕上、内部仕上、電気設備給排水設備等から構成される)においては、そのアフターサービス期間は本表による保証部位・現象・保証基準ごとの期間に準じて取扱うものとします。
2.
アフターサービス期間内において第三者に転売した場合には、アフターサービスの保証期間は原則としてその譲渡日までとします。
3.
本アフターサービスの適用期間(保証期間)の始期(起算日)は以下に定める通りとし、具体的な適用については本表に基づいて行います。
(1)
長期保証基準A.共用部分1(構造耐力上主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分)について、10年間アフターサービスを行う部分については、建設請負業者から弊社に引渡された日。(建物竣工日)
(2)
A.共用部分2及び共用施設については本物件における入居開始日。(区分所有者の1人が最初に鍵の引渡しを受けた日)
(3)
専有部分については各住戸のお客様への鍵お引渡し日。(専有部分の保証開始日は住戸ごとに異なります。)
4.
作動不良、取付不良の現象については構造・機能又は安全上の見地から、その支障の程度を判断するものとします。
5.
原則として補修の実施及びその方法については本アフターサービス基準にのっとり、弊社又は弊社が委託する者(建設請負業者)が専門的・経験的見地から総合的に判断し、定めるものとします。
6.
アフターサービスの適用外のものは、以下の事項とします。
(1)
天災地変(地域的な地盤沈下・浸水等も含む。)による変形・破損等で、技術的に不可避なもの。
(2)
専有部では、「取扱説明書」等に示された維持管理の方法や正しい取扱い方によらないなど、お客様ご自身の管理不十分又は使用上の不注意により生じたもの。(例:開放型石油・ガスストーブ、又は換気不足により発生した結露及びそれによるカビ・シミ・汚れ等。動植物の害に起因する損傷等「白蟻・ヒラタキクイムシによる食害は本表参照」。排水管に油及び固形物を流したことの起因によるつまり・漏水等。)
(3)
共用部及び共用施設では、管理を開始してから「取扱説明書」等に示された以外に通常の維持管理・保全に必要な措置不全に起因するもの。(例:ドレーンのつまり等。)
(4)
内部仕上材(フローリング・カーペット・畳表等。)における傷・汚れ等の現象について、入居後速やかに申し出のなかった場合。
(5)
使用材質の通常有する自然特性あるいは経年劣化に伴う現象で機能上支障のないもの。(畳上に重いものを置いてできたへこみ等も含む。)
(6)
アフターサービス該当事項の発生後速やかに申し出のなかった場合。
(7)
社会通念上補修を要さない程度の音・振動・臭気等。
(8)
お客様ご自身による改造工事による形状変更が行なわれた場合。
(9)
第三者の故意・又は過失に起因する場合。
(10)
補修後の仕上面の色合いの相違。
(11)
消耗品。
(12)
お客様が引渡し後、速やかに入居されないこと、又は常時入居されないことにより、発生したもの。
(13)
本物件竣工当時、実用化されていた技術、工法、資材では予見できない現象。
(14)
その他、その補修責任を売主に帰すことができない場合。
7.
構造耐力上主要な部分で以下の現象はアフターサービス対象外とします。
(1)
構造上・機能上影響のないもの。
(2)
材料特性の異なる構造材が接合された部分に発生する亀裂又は欠損。
(3)
誘発目地に発生する亀裂・欠損及びそれから連続して発生する亀裂・欠損。
(4)
土に接する部分に発生するさび汁の伴う亀裂・欠損・破断その他変形。
(5)
はね出し部の先端に発生する亀裂・破損や短辺方向(主筋の平行方向)の亀裂。
(6)
排水等の目的で設けられた傾斜。
(7)
熱応力(例:ヒートブリッジ現象による結露)、乾燥収縮等コンクリートの性質に起因するもの。
(8)
非耐力部。
8.
1年点検;2年点検の実施について
(1)
1年点検の実施日は建物竣工日、(又は区分所有者一人が最初に鍵の引渡しを受けた日)から12ヶ月を目処に実施します。
(2)
2年点検の実施日は建物竣工日、(又は区分所有者一人が最初に鍵の引渡しを受けた日)から24ヶ月を目処に実施します。