外観完成予想図

利便性◎。将来性◎。ビッグターミナルに寄り添う暮らし。

単なる都心ではなく、今後の発展が見込まれる都心に寄り添う。それによって、利便性に加え、将来性という長期的な価値を得る。
再開発計画が発表された金山エリアを最寄りに、家族の未来は、限りない広がりを見せていきます。

「金山」総合駅を最寄りに、名古屋都心すべてにリンクする。

「金山」総合駅に徒歩圏。
駅から駅を経由して都心にアクセスするのではなく、最寄り駅を都心駅とすることで、暮らしは飛躍的に開かれます。JR、名鉄、地下鉄を利用して、「名古屋」駅も「栄」駅も直通。都心すべてにスムーズにつながります。

JR・名鉄・地下鉄がひと駅に集約された「金山」総合駅からダイレクトにアクセス。

image photo

住まいと職場は近いほどいい。毎日通う場所ですから。

建設地の周辺には、大小さまざまな企業が点在。
バスをはじめ、車や自転車での通勤もストレスフリーで行えます。毎日の通勤時間を短縮し、
その分、家族との団らんや趣味の時間を増やす、「職住近接」という豊かな暮らし方も叶えることができます。

平日に“名古屋駅・栄・金山駅“まで運行するバスは542本 ※()内は通勤時間(午前7時~8時台)での所要時間です。